小児アレルギー科|品川区西中延|大高小児科醫院

toggle navigationMENU

初診の方の事前受付はこちら EPARK会員の方はこちら ネット受付可能
診療時間
休診:水・土(PM)・日
AM
8:30 - 12:00
予防接種・健診
14:00 - 15:00
PM
15:00 - 18:30

小児アレルギー科

●のイメージ

花粉症・気管支ぜんそく・食物アレルギーなどでお困りの方はご相談ください。ガイドラインに沿った治療や指導管理を行います。当院で対応が不可能な場合や、より専門性の高い検査・治療が必要と判断した場合には適切な医療機関への紹介をさせていただきます。

当院はアナフィラキシー補助治療剤の処方登録施設です。

食物アレルギー

食物アレルギーで大切なことは、正しい診断に基づく必要最小限の除去、早期の除去解除にむけて食物経口負荷試験による確認、アナフィラキシーを起こしたときの対応です。アナフィラキシーを起こす可能性がある場合にはアドレナリン自己注射を導入してアナフィラキシー対策を学校、園を含めて考えていきます。
当院では、必要に応じてアレルギー検査(血液検査)を行っております。また、食物経口負荷試験については地域連携病院に依頼しています。

※卵アレルギーの方の予防接種についてもご相談ください

気管支ぜんそく

喘息患者の気道粘膜は浮腫(むくみ)や分泌物の増加により荒れた状態になっています。こうした状態に風邪などの感染、ダニやハウスダスト(ダニが含まれています)、動物のフケ、カビなどのアレルゲンの吸入、タバコや線香の煙、運動、ストレス、冷たい空気などの刺激が加わると、喘息発作が起きてしまいます。典型的症状は反復する咳(いったん出るとなかなか治まらない)、喘鳴を伴った咳および呼吸困難であり、夜間や早朝に出現しやすいという特徴があります。非喘息患者では反応しないようなわずかな刺激でも、気道が慢性的に荒れている場合は反応してしまいます(気道過敏性の亢進)。

小児喘息の発症は3歳まで70%、5歳までが90%を占めます。乳幼児期あるいは学童期に適切な治療を受けた場合、小学校入学時あるいは思春期までに喘息が治癒する率が高くなります。しかし、適切な治療を受けずに放置すると、喘息発作を繰り返して難治性の喘息となり、一部は成人喘息に移行します。

乳児喘息の吸入系アレルギー検査では、乳児期前半ではIgE抗体が陰性のことが多く、乳児期後半から幼児期にかけて陽性を示すようになります。しかし、たとえIgE抗体が陰性であっても乳児喘息では、ダニに対するリンパ球の反応性が亢進していることが報告されています。

もちろん吸入系アレルギー検査で陽性だからと言って、必ずしもそれが喘息を引き起こしているとは限りません。しかし、検査で陽性に出た物質は喘息の症状憎悪に関与している可能性が高いとは言えます。

RSウイルスの関与

乳幼児期には上気道感染時などに喘鳴を伴うことがよく見られます。特に、冬に流行するRSウイルス感染症は軽い風邪症状から時に喘鳴や多呼吸などの呼吸困難症状を伴う重症の肺炎に至るまで、実に多彩な病状を呈します。小児科領域において、このRSウイルス感染症は非常に重要な感染症と言えます。しかし、喘息に移行するのはごく一部の症例です。

注意すべきは、「RSウイルスにかかった子どもは喘息になりやすい」という表現です。この表現の通りだとすると、2歳までに、ほぼ全ての子どもたちがRSウイルスに感染すると言われていることから考えると、「子どもはみんな喘息になってしまう」と、いうことになります。

当院では、「喘息になりやすい体質の子どもがRSウイルスに感染して、入院するほどの細気管支炎・肺炎になった場合に、十分に注意をする必要がある」という具合に考えています。

●のイメージ

小児アトピー性皮膚炎

小児のアトピー性皮膚炎は、年齢によって皮脂の分泌量が異なるため、症状もやはり異なってきます。生後2~3ヶ月から1歳頃までのアトピー性皮膚炎では、顔や頭、耳にジクジクとした湿疹が出てきます。肘や足首などの関節部分に湿疹が生じたり、「耳切れ」と言って耳のつけ根がただれて切れてしまったりすることがあります。2~10歳頃は手足の関節の内側や首、腋の下などにカサカサと乾燥した湿疹が出ます。また、季節の影響としては、夏場は皮膚の化膿や汗、虫さされによる刺激でジクジクしやすくなります。冬場は空気の乾燥によって、かさつきや痒みが強くなります。

小児アトピー性皮膚炎の原因と治療

アレルゲンの除去と、保湿の徹底、ステロイドや免疫抑制剤の外用薬の適切な使用をします。それらによる適切な治療を十分に行っても、改善しにくい湿疹がみられる場合、食物アレルギーが関与している場合も考えられます。ただし、食物アレルギーの診断はとても難しく、食事制限を必要とする場合は、専門医による適切な検査や指導のうえ、最小限の食物除去を指示されることもあります。指導のない無闇な食事制限は栄養障害を起こす危険がありますので避けましょう。また、ダニやハウスダストに対する抗体陽性反応を示す場合でも、それらを除去することのみで治癒することは稀なので、やはりまずはスキンケアと適切な外用を徹底することが大切です。

アレルギー性鼻炎・結膜炎

アレルゲンを吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。アレルギー性鼻炎の症状は、主として鼻と目に現れます。なかでも、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが、その3大症状です。アレルギー性鼻炎の原因は家の埃やダニの糞・死骸、様々な植物の花粉です。スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギほか、多くの種類があります。ペットのフケやカビも原因となります(血液検査によって抗体を測定することで、何に対するアレルギーかを知ることが出来るケースがあります)。アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビ、花粉など、アレルギーの元にさらされる状態を出来るだけ避けることです(こまめな掃除やマスク・眼鏡の着用など)。こうした策を講じた上で、抗アレルギー薬の飲み薬や点鼻薬・点眼薬で症状を抑えていきます。

醫院概要

〒142-0054 東京都品川区西中延1-2-23
TEL:03-6426-6070
診療時間
休診日:水曜日、土曜日午後、日曜日、祝日
※午前、午後の診察時間に予防接種・健診ご希望の方は当院にご連絡下さい。
▲毎月第2火曜日の午後の診療を16:00-18:30とさせていただきます。
 
診察(午前)8:30 - 12:00
予防接種・健診14:00 - 15:00
診察(午後)15:00 - 18:30
大高小児科醫院のアクセスマップ
Google Mapを表示する