小児循環器科|品川区西中延|大高小児科醫院

toggle navigationMENU

初診の方の事前受付はこちら EPARK会員の方はこちら ネット受付可能
診療時間
休診:水・土(PM)・日
AM
8:30 - 12:00
予防接種・健診
14:00 - 15:00
PM
15:00 - 18:30

小児循環器科

小児循環器科のイメージ

先天性心疾患や川崎病、不整脈など心臓に関する診療を行っております。大学病院などで管理されている方で風邪や胃腸炎などのときの対応やワクチン、パリビズマブの接種も可能です。

心雑音

こどもの「心雑音」は、日常の診療や乳幼児健診・学校検診などでしばしば遭遇するものです。なかには心雑音をきっかけに先天性心疾患の発見にいたる場合もあります。心雑音とは心臓の内部やまわりの血管を血液が通り抜けるときに聞こえる音で治療の必要のないものから、精密検査や手術を含めた何らかの治療が必要なものまで原因はさまざまです。当院では心臓超音波を実施し、その場で診断をいたします。詳しい検査や入院加療が必要な場合には、周辺の地域連携病院へ紹介します。

先天性心疾患

近年、胎児超音波検査の発展により、多くの先天性心疾患は出生前に診断されるようになり、出生直後からの適切な治療・管理により多くのこどもたちの命が助かるようになりました。それに伴いお子さま方・ご家族の皆様にとっては、以前よりご自宅で過ごせる時間が増えるようにもなってまいりました。状態が安定しているとはいえ、定期的な経過観察を受けておられるお子さまがほとんどでしょう。他の病気にかかった時の対応やワクチン接種のスケジュール管理など、心配なことが多いと思います。当院では、身近な小児科クリニックとして、患児の主たる医療機関と連携をはかり、心疾患をお持ちのお子さんが健康に安心して生活できるようサポートしていきたいと思います。

パリビズマブ

RSウイルスによる重篤な下気道疾患の発症抑制のため、適応のある患者さんに対しパリビズマブの投与を行っています(RSウイルス感染流行時期のみ)。対象は早産児、慢性肺疾患児、先天性心疾患児、ダウン症候群児、免疫不全児のお子さまで、心疾患以外の方でも対応します。

川崎病

川崎病は、1967年に川崎富作博士が報告された、主として5歳未満の乳幼児にみられる原因不明の急性熱性疾患で、以下の6つの主要症状があります。

  • 1. 5日以上の発熱
  • 2. 眼球結膜充血
  • 3. いちご舌
  • 4. 発疹
  • 5. 首のリンパ節の腫れ
  • 6. 手掌、足底の紅班、回復期の指先の皮膚の膜様落屑(皮膚がめくれる)

上記の主要6症状のうち5つあれば川崎病定型例です。4つでも冠動脈瘤があれば定型例となります。4つ以下でも、他の疾患が除外されれば不全型と診断されます。自然経過の場合、これらの症状は1-2週間でおさまり自然に解熱しますが、発症から2-3週ごろに後遺症として冠動脈瘤が約10%にみられます。冠動脈は心臓を養っている血管で、この血管がつまると心筋梗塞をおこし、心臓のポンプ機能が低下するため、心不全や突然死につながります。したがって、川崎病と診断された場合には速やかな入院が必要となり下記のような治療が行われます。

川崎病急性期の治療

川崎病発症後第5病日から大量免疫グロブリン療法を行います。免疫グロブリンは血液製剤の1つです。副作用として投与開始時にショック症状がみられることがあり、入院の上、点滴静注します。約80%の患者さんは、1回の大量免疫グロブリン療法(IVIG)により解熱しますが、IVIG療法に不応で、発熱が続いたり、一旦解熱しても再発熱したりする場合があります。

1回のIVIG不応に対して追加のIVIG療法を行うことにより、さらに約半数以上の患者さんが解熱します。しかし、追加IVIG療法を行っても解熱しない不応患者さんに対しては、ステロイド、インフリキシマブ、血漿交換療法があります。発熱が2週間以上続くと冠動脈瘤が出現する可能性が高くなりますので、できるだけはやく解熱するよう追加治療を行います。

川崎病の炎症反応の程度は、軽度のものから重症まで、個人差があります。川崎病診断時の炎症反応の程度をスコア化し、スコアの高い患者において、初回からステロイドを併用する治療法もあります。

学校検診のイメージ

学校検診

わが国では小学校、中学校、高校の各1年生に心電図検査が義務づけられています。 その主な目的は心疾患の発見・早期診断、心疾患がわかっている児童生徒の生活管理指導、心臓事故の予防などで一定の成果を上げています。「学校検診で心音異常や心電図異常を指摘された・・・」といったお子さまがおりましたらご相談ください。また川崎病既往、不整脈、胸痛などについてもご相談ください。

当院で実施している検査

  • 心臓超音波検査
  • 心電図

醫院概要

〒142-0054 東京都品川区西中延1-2-23
TEL:03-6426-6070
診療時間
休診日:水曜日、土曜日午後、日曜日、祝日
※午前、午後の診察時間に予防接種・健診ご希望の方は当院にご連絡下さい。
▲毎月第2火曜日の午後の診療を16:00-18:30とさせていただきます。
 
診察(午前)8:30 - 12:00
予防接種・健診14:00 - 15:00
診察(午後)15:00 - 18:30
大高小児科醫院のアクセスマップ
Google Mapを表示する