小児皮膚科|品川区西中延|大高小児科醫院

toggle navigationMENU

初診の方の事前受付はこちら EPARK会員の方はこちら ネット受付可能
診療時間
休診:水・土(PM)・日
AM
8:30 - 12:00
予防接種・健診
14:00 - 15:00
PM
15:00 - 18:30

小児皮膚科

小児皮膚科のイメージ

お子さまの肌はデリケートです。お早めにご相談ください

お子様の肌は、まだ発達途中にあるため、大人に比べてとてもデリケートです。それに免疫機能も不完全なので、治療にあたっては特別な配慮を要します。また、お子様に特有の皮膚症状が少なくありませんし、個人差も大きいので、しっかりと診察した上で、お一人お一人に合った適切な診療を行います。
どんなに小さな事でも、変化に気づいたらお早めにご相談ください。

こどもの皮膚の特徴

皮膚の役割の一つに、外部環境から体を保護する「バリア機能」があります。子どもですと、皮膚の厚みは非常に薄く、大人の半分~3分の1くらいの厚みしかありません。また、角層の表面は皮膚を乾燥や刺激から守る皮脂で覆われていますが、子どもの場合は成長の時期によって、皮脂の分泌量がそれぞれ変化します。

皮脂の分泌量

1. 新生児期(出生〜生後4週まで) 母体からの影響で一時的に多い
2. 乳児期(生後4週〜1歳まで) 生後2-3か月をすぎた頃から減少
3. 幼児期(1〜6歳まで) 一番少なくなる時期
4. 学童期(6〜12歳まで) 思春期とともに増加

上表のように、子どもの皮膚は薄いだけではなく、皮脂の分泌量が不安定なことから「バリア機能」がまだ安定しておらず、ちょっとしたことで皮膚トラブル(湿疹・皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染したりするなど)が生じやすい特徴をもっています。それだけに、しっかりとスキンケアをして皮膚バリアを整えることが、子どもの皮膚の健康を守るためには肝心です。

小児の主な皮膚疾患

乳児湿疹

乳児湿疹というのは生後数日以降の赤ちゃんの顔や体に出てくる湿疹のことで、新生児痤瘡や乳児脂漏性皮膚炎なども含まれます。

新生児ざ瘡

生後1~2ヶ月の間に顔面にみられるニキビのようなぶつぶつです。適切なスキンケアを行うことで自然に治ることがほとんどですが、炎症が強い場合は一時的に塗り薬を使うこともあります。

脂漏性湿疹

顔や頭、耳の周辺、股部、わきの下など、脂の分泌の多い部位にできやすい湿疹でカサカサしたフケや分厚いクリーム色のフケを伴います。そのままにしておくと厚みを増してカサブタのようになります。正しくスキンケアすれば、それだけで改善することが多いですが、ひどくなって赤みを増したり膿んでくるようになると、治療が必要になります。抗真菌薬の塗り薬や、炎症が強い場合は短期的にステロイドの塗り薬を併用します。

おむつかぶれ

尿や便に含まれるアンモニアや酵素などに皮膚が刺激され、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが生じます。おむつかぶれの際は、おしりふきなどで皮膚を擦るのは避けて、洗い流す方がよいです。

あせも

汗をたくさんかいた後に、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚疾患のことです。汗をかきやすい夏に多く、子どは大人に比べて体温が高いので、寒さが心配で厚着をさせると冬でも発症します。あせもには、赤い丘疹が生じて痒みや軽い痛みを伴うタイプ、小さな白っぽい水ぶくれができるタイプなどがあります。あせもは適切なシャワー浴やスキンケア、衣服の調節で改善することが多いですが、ひどい場合はステロイドの塗り薬などを用います。

水いぼ

水いぼは、正式には「伝染性軟属腫」と言い、伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。幼少児によく見られ、痒みを伴うことが少なくありません。特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎のある患者さんに多く見受けられます。その理由としては、乾燥肌やアトピー性皮膚炎があると、皮膚の「バリア機能」が低下するため、細かな傷からウイルスが入り込みやすいことと、痒みで引っ掻くことにより、爪先からうつってしまうことなどが考えられます。半年~5年程かけて自然に治癒します。プールの水ではうつりませんが、タオル、浮輪、ビート版などを介してうつることがあるので共用は避けた方がよいです。

とびひ

とびひは、正式には「伝染性膿痂疹(のうかしん)」といいます。痒みのある水ぶくれやカサブタ、ただれが生じ、掻き壊すことで次々と拡大していきます。虫さされなどを掻き壊した部分に主に黄色ブドウ球菌や溶結性連鎖球菌が感染して生じます。特にアトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚のバリア機能が低下しているためにとびひにかかりやすいので、要注意です。掻きむしった手を介して、水ぶくれがあっという間に全身へと広がる様子が、火事の火の粉が飛び火する様に似ているため、「とびひ」と呼ばれます。プールの水ではうつりませんが、触れることで症状が変化したり、他の人にうつす場合がありますので、治るまではプールや水泳は禁止です。

アタマジラミ

シラミという寄生虫が頭髪に棲みつくことで発症する疾患です。特に小学校低学年までの生徒や園児に多く発症します。保育園での枕の共用によって発生することもあります。症状としては、頭(特に耳の後ろや後頭部)が痒くなる、痒みのために頭を掻いて湿疹が生じる、髪の毛にフケのようなもの(シラミの卵)が増える、などが挙げられます。シラミは動きが早いため、成虫を見つけるのは難しいので、虫卵を探します。フケと紛らわしいのですが、シラミの卵は指で摘まんで引っ張っても、髪の毛にしっかりと固着していて取りにくいのが特徴です。色は乳白色をしており、長卵円形で光沢があります。顕微鏡を使って検査を行い、虫卵、抜け殻などを検出して診断の一助とします。

アタマジラミの治療

保険適用となる治療薬はありません。治療にあたっては、シラミ駆除薬フェノトリン(スミスリン)を薬局等で購入して頂き、駆除します。フェノトリンは、シャンプータイプとパウダータイプの2種類があります。3日に1度、4回使用します。虫卵に対して駆除効果はありません。

乳児血管腫(イチゴ状血管腫)

乳児血管腫(にゅうじけっかんしゅ)は、皮膚の表面や内部にできる「赤あざ」の一種で、未熟な毛細血管が増殖してあらわれる良性の腫瘍です。見た目が赤く、いちごのような外観から、「いちご状血管腫」とも呼ばれます。一般的に生後1~4週にあらわれ、大きくなる場合は1年以内に急速に大きくなり(増殖期)、その90%以上は、5~7歳までに数年間かけて赤みは少しずつ消えていきますが(退縮期) 、多くの場合「あと」(瘢痕:はんこん)が残ります(消失期)。
国内では2016年から乳児血管腫に対するβ遮断薬の内服治療が保険適応となりました。当院では乳児血管腫に対する内服治療を行っております。お気軽にご相談ください。

醫院概要

〒142-0054 東京都品川区西中延1-2-23
TEL:03-6426-6070
診療時間
休診日:水曜日、土曜日午後、日曜日、祝日
※午前、午後の診察時間に予防接種・健診ご希望の方は当院にご連絡下さい。
▲毎月第2火曜日の午後の診療を16:00-18:30とさせていただきます。
 
診察(午前)8:30 - 12:00
予防接種・健診14:00 - 15:00
診察(午後)15:00 - 18:30
大高小児科醫院のアクセスマップ
Google Mapを表示する